くそげー研究室:報告書[#30560]
研究課題:惑星ウッドストック


某ソフト会社(まぁそのね・・・^^;)のクソゲーサルガッソーより、我が家にクソゲー がやってきた。

その名も「惑星ウッドストック」。メガCDが発売されてすぐに出たソフトであるら しい。

種類はロールプレイングゲーム。オープニングを見ていると、厚化粧をしたケロッコ デメタンのようなキャラがうじゃうじゃと登場する。なつかしく感じた訳ではないが ちょっと思い出してしまった。「けろっこでーめーたん。おまえがなーけーばー・・ ・」やー、再放送やってくれないかな。見ないけど。

ジョイパッドを握りスタートボタンを押した手は、なつかしさ(?)と不安でかすかに 震えていたかもしれない・・・・・・・・。 とある事情で、ホラホラ星から逃げ出して来た6匹(ロックバンドをやってるらしい) は、惑星ウッドストックに到着しファンキー村の少年と出会い、楽器を集める(?)旅 に出たのです。

・・・・なんだかよくわからんね。

マニュアルに書いてあるモンスターの紹介を見てみる。

○ボーンジョビ ヘビメタ系モンスター。夜明けごろに走りまわる。
○ピーターガマガエル プログレ系モンスター。大きなハンマーを持ち歩いている。
○デュランデュラハン ニューウェイブ系の幽体。剣を持っている。
○コクトーツインドラゴン ニューウェイブ系。見掛けによらず美しい歌声。
・・・・へーそうなのかーーー。 同じように、アイテムも見てみよう。
○ポジパンシールド パンク系モンスターの骨より切り出した漆黒の盾。
○グリース ロックンロー一族が使用する防御アイテム。頭に用い、テカテカにする
      ことで防御力があがる。

・・・・もうどうでもよくなったね。

ようするに、こういうゲームなのだ。それじゃーさようならー・・・・、っていう訳 にもいかないか・・・な。

うーん、まだ始めの方しかやってないのだ。これまた全然進まないよ。楽しくなーい ・・・。どうして、こんなゲームやってるんだろー謎だねーって、しみじみと感じな がらプレイ出来るゲームだよ。1回の戦闘に、結構時間が掛かる。マップ移動中には やたら敵と遭遇するから、もうトラップになってる。

ま、もし最後まで解いたとしたら、もうちょっと書いてみようかな。

See you agein.


メガCDのRPGでは、以前に「ルナ〜ザ・シルバースター〜」を解いた事がありま した。すでに感想などは書いた事があったはずですが、スタンダードなシステムと、 知らず知らずのうちに引き込まれるシナリオと、なにより私が今までやったゲームの 中でも最高に良かったBGMに感動したものでした。

・・・そして今日はとうとう「惑星ウッドストック」を解いてしまったのです。実は 何ひとつ語りたくはありません。

世の中でどんなに評判が悪いゲームがあっても、そんな中に私は製作者達のゲームへ の「愛情」や「思い入れ」といったものを見つけだし、自分なりに楽しむ事が出来る という特技がありました。そしてこの「惑星ウッドストック」を解き終わり、なんと か良かった所を探そうとしてみたのです。

・・・見つかりました。

エンディングで歌が流れるのですが、これがなかなか上手です。マニュアルを見てみ ると歌ってるのは「かないみか」と書かれています※1。オープニングでも歌っているの に、それに気付かなかったのは、曲がひどいものだったせいだと思われます。

これで終わりにしたいところですが、もうちょっと書いてみる事にしましょう。

See you agein.


ゲーム自体は5章で構成されています、戦闘をした後に手に入るアイテムで主人公の 攻撃/防御などのパラメータをアップさせるというシステムです。

不思議な事に1章が終わった時点で防御力のパラメータは最高値になっていました。 これはきっと、途中で何かあるんだろうと思っていたのですが、結局最後までそのま までした。

1章が終わったらきっと次は2章だろうと思うのだけど、これは見事に裏切られ3章 が始まってしまいました。ゲームがバグっていたのではありません。解説すると1章 が終わった後、タウンズ版「ラストハルマゲドン」のオープニングデモを思い起こさ せるような、ビジュアルが延々と続いていました。2章というのはどうやらこれの事 だったようです。

ちょっと不思議な気分にひたりながら3章が始まって終わりました、この時点で攻撃 力のパラメータは最高値になっていました。すばやさのパラメータもほぼ最高値に達 していました。これはきっと、最後の方で何かあるんだろうと思っていたのですが、 結局最後までそのままでした。

次は4章かと思ってはだめで、やっぱり延々とビジュアルが続いた後の画面には、5 章と表示が出てしまったのです。

世の中そういうものなんだなと、無理やり納得して5章を始めましたが、なんだか一 瞬にして終わりました。

私の忍耐力もここで尽きました。どうでもいい登場キャラ、どうでもいいでは済ませ られない程おもしろくないシナリオと、無茶苦茶なゲームバランス。

二度とこのゲームについて語る事は無いでしょう・・・。

2007年訂正/補足 かないみかさんは本編のRPG部分のみの声優で 歌は別人とのことです。歌は作詞の月野瀬茜さんではないかという説が有力とのこと

クソゲー博物館へ戻る